(WHAT'S SO FUNNY 'BOUT) PEACE, LOVE & UNDERSTANDING

2013.7.16 Great3 × フジファブリック@渋谷クアトロ

b0064005_22355884.jpg

昨夜はGreat3×フジファブリック@渋谷クアトロ。

Santa Feから始まる絶妙な外し方は、かつてのバナナやLast Songの時を思い出したし、それ以上のカッコよさだった。

あのストーンズみたいなアレンジに生まれ変わったDISCOMANや玉突きのドラムのスイング感も凄かったし、Little Jのイントロのシンセはグッとくる充分な音量で鳴り響くし、Great3に求めるものが全て詰まった素晴らしい演奏だった。

前の方で観たからか復活後ではいちばん感動したな〜。
[PR]
# by sitio04 | 2013-07-17 22:27

『Weekend Session 4』 渋谷duo MUSIC EXCHANGE

b0064005_74626.jpg

b0064005_713448.jpg
b0064005_714542.jpg


行ってきました。

『Weekend Session 4』 渋谷duo MUSIC EXCHANGE

Musician:Asia SunRise/東田トモヒロ/Signals/
Chocolat & Akito/Stumble Bum
DJ:Tommy(returntables)/Roki(Radio Progressiva)/AK(supersynchro)
VJ & Light show:OVERHEADS
Foods:CafeEight


トップバッターは強烈に格好良かったSignals。

【Chocolat & Akito】は2番手で登場。

DILEMMA
ジョバンニ

VERANDA
GEIST
ONE

今の編成になってから、毎回進化していくバンドアレンジ。

「DILEMMA」は、石井さんのギターの効果でさらにトロトロなアレンジになっていて、もうスウィートソウルのよう。

「扉」もNEW WAVE的なキーボードと、タイトなリズムが決まっていて音源化が楽しみな曲。

そして「ONE」はあのコード進行だけで泣ける名曲。それに素晴らしい歌詞が乗るのだからたまらない。

イベント自体も効果的なライティングや、CafeEight の食事が美味しくて楽しい時間を過ごすことが出来ました。
時間の都合で最後までいられなかったのが残念。

そして印象に残ったのがex.BLANKY JET CITYの照井利幸のインストゥルメンタル・バンド、Signals。
この強烈に格好いいバンドがトップバッターだったので、思わず最初からテンションが上がりました。

今回がvol.4とのことなので、また次回も期待したい素晴らしいイベントでした。
[PR]
# by sitio04 | 2011-06-02 07:01 | GREAT3

Dam-Funk DJ set !!!

b0064005_2202718.jpg
ここからフリーDL出来ます。最高!!!
[PR]
# by sitio04 | 2011-05-24 22:00 | 音楽

【速報】 Plagues "Tours For Fellows 2011"

Plagues "Tours For Fellows 2011"
@渋谷クラブクアトロ2011年2月19日(土)

b0064005_9494095.jpg
ヴィルヌーヴに憧れて/ヘイ・ミスター・ドリーマー/ワンダー・ワンダー/レブロン・シスター/ピザ・ソリューション/ニューホライズン/ブルーズ・フロム・ザ・バスルーム/フローズン・ビーチ/グッド・ムーンライジングどうしようもない世界、寛容な僕ら/シトロエン幻想/プルメリア・レイ/最後のハイウェイの夢/ハッピー・プレイス/Lika a child~silver chips~Like a child/凱旋門/ハイビスカス/トランキライザー・ガン/スピンEN1:リアル・シング/ライド・ライド・ライド/スープ・アップ・バグ EN2:Wild blue paint/ファントムガルシア最後のレース EN3:眠っているのなら/I DON'T KNOW

こうやって見ると凄いセットリスト!
MCも少なめで30曲弱!
大好きな「リアル・シング~ライド・ライド・ライド」はやっぱりグッと来たし、今CDで聴くとちょっと気恥ずかしいかと思っていた「ハッピー・プレイス」は意外にもいちばん感動した。
MCで「ライブのために昔の曲色々聞いてみたけど、今のほうが間違いなくカッコいいから」って言ってたとおりのライブだった。
またやってくれたら必ず行こうと思う。
[PR]
# by sitio04 | 2011-02-20 09:49 | 音楽

車のバックミラー/見ることもなく/車線を変えながら/口びるを噛む/Yeah Yeah Yeah Yeah

b0064005_21383861.jpg

オリジナルもアナログも持っているGREAT3の1stの紙ジャケリマスター盤を買って聴いている。
通して聴くのは数年ぶりだけど、ロッテンハッツからGREAT3になった時の興奮が、リマスターされた音とボーナストラックで蘇って来る!
今更ながら、このアルバムは音楽のマジックが詰まってるな。

他のアルバムを聴いても思うんだろうけど、特にファーストアルバムには特別な魅力がある。
[PR]
# by sitio04 | 2011-01-24 21:30 | GREAT3

Chocolat & Akito & Hicksville

b0064005_11374829.jpg
Chocolat & Akito & Hicksville
2011.1.9(日) OPEN16:30 START17:00

渋谷・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

ほぼロッテンハッツの再結成と言ってもいい貴重なライブに行ってきました。
ライブは3部構成で

第1部
Chocolat&Akito

第2部
Hicksville

第3部
Rotten Hats 4 (ロッテンハッツ-2)

という構成でした。

Chocolat&Akitoは年末のライブと同じく、未発表の新曲を含む構成。
この新曲の「ダディダディ」「One」などはメロディーが良いうえに、新境地とも言える男女の成熟した関係を表現した歌詞が秀悦。
特に「One」はメロディーも最高傑作と言っていいくらいで、聴くたびに毎回鳥肌が立つほど感動します。

Rotten Hats 4のセットナンバーは、

Drive,
バタフライ、
On My Mind、
Always、
Limbo、
Rotten Hat Rag

作曲者からだいたい演奏される曲は見当がついてましたが、ラストにまさかの
「Rotten Hat Rag」!
久しぶりに聴いたこの曲は、改めて名曲でした。

充実した新曲達があるから、第3部もただのノスタルジーにならずに、新鮮に響いた素晴らしい夜でした。
[PR]
# by sitio04 | 2011-01-10 11:37 | GREAT3

【KIRINJI TOUR 2011】渋谷 C.C.Lemonホール 

b0064005_1013364.jpg

KIRINJI TOUR 2010/11

2011/01/07(金) 渋谷 C.C.Lemonホール に行ってきました。

デビュー当時から聴き続けているのに、ライブを観るのは初めて。

まさか、今更キリンジにこんなにハマるとは思わなかった。
気分によって立ったり、座ったり、乗ったり、感動したり、心地良すぎて眠くなったりと色々な楽しみ方が出来るライブでした。

曲がいいのはもちろん、各楽器の鳴りも良く、音響的にも素晴らしいライブでした。

『BUOYANCY』からの曲は全曲良かったし、「ブルーバード」「愛のCoda」「Drifter」には感動しました。
[PR]
# by sitio04 | 2011-01-09 10:23 | 音楽

Surf's Up

b0064005_14403046.jpg
b0064005_14404588.jpg


【速報】Yusuke & Jon Art show with Rickie-G Freeasy Beats and Chocolat & Akito
at 逗子Surfers

1. DILEMMA
~片寄ギター弦が切れて中断。
2. Oh,BABY
3. ミナミナミ
4 .LAST SONG
5. Veranda

Chocolat&Akito+石井マサユキ
[PR]
# by sitio04 | 2010-08-04 14:39 | GREAT3

『ひふみよ』の記憶

小沢健二のライブを観るのは1993年に日比谷野外音楽堂で行われたフリーコンサート以来2回目。
その前にもフリッパーズギターの全国ツアーのチケットを取ったのに突如解散の為キャンセルということもありました。
確か札幌ペニーレーン。

その頃から現在まで常に聴いてきたアーティスト。
期待しないようにしても期待が膨らみました。

開演が近づくと何故か客席にまぶしいくらい照明が照らされ、不思議に思っていると、いきなり全ての照明が落とされ真っ暗闇に。
暗闇の中「流れ星ビバップ」が始まり途中の朗読から2曲目の「ぼくらが旅に出る理由」まで真っ暗闇のままという演出にいきなりヤラれました。NY大停電ではTVも機能せず、ラジオから流れる音楽が胸に響いた。あの夜を忘れない。という話に沿った演出でした。

『LIFE』『刹那』収録曲はほとんど演奏されましたが、決して懐メロではなく、アレンジや歌詞・歌い廻しが変えられて今の曲として響く。

心配していた歌声も以前より太くなりパワーアップされていたことに驚きました。

今後またライブがなくても、また15年は聴き続けるだろうと思わせる、強烈な音楽の力を感じた夜でした。


【SET LIST】
流れ星ビバップ
◎朗読 - NY大停電
ぼくらが旅に出る理由
◎朗読 - 国境の話
天使たちのシーン
いちごが染まる(新曲)
ローラースケート・パーク~東京恋愛専科~ローラースケート・パーク
ラブリー(練習)
◎朗読 - 大金持ちと貧乏人
カローラⅡにのって
痛快ウキウキ通り
天気読み
戦場のボーイズライフ
強い気持ち強い愛
今夜はブギー・バック
◎朗読 - 安全
夢が夢なら
麝香
◎朗読 - 笑い
シッカショ節(新曲)
~メンバー紹介~
さよならなんて云えないよ
ドアをノックするのは誰だ
ある光(ワンコーラス)
時間軸を曲げて(新曲)
ラブリー
流れ星ビバップ(客席と一緒)

アンコール
いちょう並木のセレナーデ
愛し愛されて生きるのさ



■追記

・開演前のSEがレゲエのようなアフリカ音楽のような曲がかかっていて良かった。

・真っ暗闇の中に響くオープニングのカウント「ひ、ふ、み、よ!」が強烈にカッコよかった。

・『天使たちのシーン』はメロディーが大幅に変えられ歌詞も“真夜中に流れるラジオからのいちょう並木、この街の物語歌ってる”
に変わっていた!

・『ラブリー』の歌詞も
「それでlife is comin' back僕らを待つ」→「それで感じたかった僕らを待つ」
「can't you see the way?it's a」→「完璧な絵に似た」に変えられていた。やっぱり日本語にこだわっていた。
[PR]
# by sitio04 | 2010-05-21 21:56 | 音楽

Thank You For Being A Friend

b0064005_21434378.jpg
Curly Giraffeの「Thank You For Being A Friend」の発売記念ライブ at Shibuya-AXに行って来ました。

まずは開演前に流れるエルトン・ジョンやS&Gやアンドリュー・ゴールド等の完全にレイドバックした選曲で嬉しくなりました。

ライブは

新居昭乃 、Cocco 、安藤裕子 、Chara 、LOVE PSYCHEDELICO
平岡恵子 、BONNIE PINKらのゲストが登場し、その間に何曲かCurly Giraffeが歌うという構成。

昨日のライブを観て、改めてバックバンドとしてのCurly Giraffeバンドの素晴らしさを感じると同時に、ゲストがいないときにはやっぱり物足りなさも感じてしまいました。

ゲストアーティストはそれぞれ良かったのですが、中でもCoccoはいろんな意味で凄かった・・。圧巻でした。

帰りは隣の代々木体育館でライブがあった浜崎あゆみのファン達に圧倒されながら、原宿駅にたどり着きました。

Tシャツが無事買えてよかった 。

あと煙草吸ってたら、隣に毛皮のマリーズのベースの娘がいて驚いた。
[PR]
# by sitio04 | 2009-10-22 21:42 | GREAT3